メンバー

MEMBER

柿木亮介

セカンドボール奪取と高い位置でのインターセプトで起点となるボランチ

「ハイプレス&ハイライン」のスタイルにおいて、相手チームはプレスを嫌ってロングボールを蹴る傾向にあるため、ロングボールを跳ね返したセカンドボールを拾うことは守備から攻撃への流れで非常に重要となる。
また、柿木選手は高い位置でのインターセプトに特徴があり、ショートカウンターの起点として期待される。